TOPICS
トピックス
NEW
2021/09/05
暮らし

マイホーム購入には秋が一番!

世の中が動き出す来春に向けて、住宅の購入をお考えの方も少なくないはず。

秋の気配が近づけば、住宅業界は本気モードに突入です。間違いのない購入プランを立てる絶好の機会って?そうです、秋こそ住宅購入には最適な時期なのです。

マイホーム購入には秋が一番!

住宅業界の商戦は?

酷暑に加えてコロナで身も心もバテ気味…。

しかし実はマイホーム探しをされている方にはこれからのシーズンは大切なシーズンになります。一般に住宅業界では「秋の住宅商戦」と言われ、一年で業界が最も活気づくシーズンなのです。秋は、気温も下がり涼しくなるため、家の購入を考えている皆さんが活発に動きやすい時期になります。夏の時期はお盆やレジャーで、ご家族の予定なども入り比較的住宅購入の動きがみられないと言われています。また冬の時期は年末年始の行事などで忙しくなるため、秋の時期こそが動きやすく、逆に夏は動きが一旦停滞する傾向にあります。引っ越しなどは新学期が始まる2−3月が一番多くなりますが、住宅購入のオススメはズバリ秋なのです。

③-2AdobeStock_419582330.jpeg

本格的な秋を感じる前に、じっくり検討してプランニング

夏は動きがあまりないとお話ししましたが、実は一戸建ての購入を考えていらっしゃる方には、間取りや部屋のディテールを詰めて考えるには絶好の機会でもあります。お子さんがいらっしゃるご家庭では、学校や勤めがあれば全員が揃って話し合いをすることはなかなか難しいですが、夏休みであればご家族揃って話し合いを重ね、細かな部分の設計や仕様まで決め込むことが出来ます。夏の時期は、家全体の間取りやその見直し、またそこから進めて、部屋割りやそれぞれの部屋の壁紙や家電までもじっくりと検討することが出来るのです。

この時期はまさにプランニングにはうってつけの期間。まずはご家族で理想のプランニングをしてみてください。夏に決められなかった方でも、この秋の連休を使ってじっくりとプランニングが出来ます。決して遅くはありません。

秋にはキャンペーンも!新物件も登場して建築時期も最適

秋にはキャンペーン展開や新物件の発表が数多く行われる傾向にあります。ハウスメーカー各社ともこの時期を狙って、毎年さまざまなキャンペーン等を実施しますので、家探しを検討している方は、まずはネットや住宅展示場のサイトで情報収集をしてみることが重要です。特に住宅展示場ではイベントなども頻繁に行われており、実際のモデルハウスを比べてみることが可能です。ハウスメーカーの担当者からモデルハウスの特徴など、魅力的な最新情報を得られるのではないでしょうか。

着工に関しても秋は最高のシーズンと言えます。基礎工事のコンクリート打ちは春や秋に行うのがベスト。真夏や真冬は避けて通るのが常識と言われます。そもそもコンクリートが固まる作用は、乾燥によるものではなく、温度と配合量による化学変化によるものと言われ、外気温に大きく左右されると言われています。低温では固まるのが遅く、高温では固まるのが早くなります。さらに昔に比べて最近の猛暑が連続すれば、コンクリートの凝固速度が止まるということまでわかってきているといわれているのです。加えて木材には極端な湿気・雨はよくないもの。木造住宅の場合、木材が雨ざらしになっているとカビの発生が気になります。木材にとっての影響を考えると春や秋を選びたいもの。 また専門家からは、木材と雨の関係について「すぐに乾くから問題ない」という意見がある一方、「家に歪みが出たり影響が出る」という意見も聞かれます。基本的に使用木材は乾燥がなされているはずで、あまり神経質にならなくても大丈夫と思われますが、やはり極端な雨や湿度は避けた方が良いのが事実であり理想形です。自宅を建設する木材が雨に濡れて放置されているのを目にすれば、建築主はやはり気になるもの。おすすめは秋や春の着工と言えるのではないでしょうか。理想は台風、梅雨などの影響を受けない10〜11月に着工する中間的な季節がベストといえそうです。現場の方の立場でも作業への対応力を考えれば過ごしやすいこの時期が最適と言えるのです。

③-3AdobeStock_337624871.jpeg

まとめ

さまざまな角度からお話をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?住宅業界は時代のトレンドと環境変化などに対応して趣向を凝らした新製品やお得な催しを打ち出してきます。この秋は是非住宅展示場に足を運び、各ハウスメーカーの個性と特徴をつかんでみてはいかがでしょうか。よし!っと即決できるような、ピッタリの家づくりのチャンスに溢れているかも知れません。